審査が甘いおすすめクレジットカードの徹底検証サイト

MENU

クレジットカードを申し込む前に

 

 

意外と知らない、クレジットカードを申し込む際に必要なこと。申し込みの前に知っておくべきクレジットカードの申し込み方法、手続きの方法について解説します。

 

クレジットカードを申し込む際に必要なもの

クレジットカードを申し込む際には、必要な書類があります。いざ申し込み!という時に慌てないためにも今から揃えておきましょう。

 

必要なもの1「身分証明書」

身分証明書とは本人確認ができる書類を指します。身分証明書として認められているのは「運転免許証」「保険証」「パスポート」などです。「戸籍謄本」や「住民票」が身分確認書として認められるかどうかはカード会社により異なるでしょう。

 

また最近では「マイナンバーカード」も身分確認書類として認められています。日本に国籍のない、外国籍の方はどうすればよいでしょうか?外国人登録証かパスポートを提出すれば本人確認書類として判断されるでしょう。

 

顔写真のついているもののほうが本人確認がとりやすいので、顔写真がついていない書類を出す際には公共料金の払込領収書などを用意しておくと良いかもしれません。

 

クレジットカードによっては、18歳以上ならば申し込みが可能なものもあります。ですが、そういた未成年の申し込みの場合には保護者の同意証が必要です。保護者の同意、捺印などが必要な場合もありますので、あらかじめご両親に同意を得ておくようにしましょう。

 

必要なもの2「引き落とし指定口座」

クレジットカードの代金を引き落としするための指定の口座が必要になります。指定の銀行口座、またはゆうちょ口座の口座番号を用意しておきましょう。引き落とし口座の銀行印も必要になるのでお忘れなく。

 

意外と銀行印を見つけるのに苦労するものなので、口座の届け印は正確に把握しておきましょう。もし銀行の届け印がわからなくなってしまった、なくしてしまった!という場合にはどうすればよいでしょうか?種類は限られますが、銀行の届け印がなくても作れるクレジットカードも存在します。

 

例えば「エポスカード」は、提携の銀行に口座がある方ならば銀行の届け印がなくてもクレジットカードの引き落としの口座として登録することができます。

 

「エポスカード」の提携先はゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など各種ありますので口座をお持ちであれば便利にクレジットカード作成ができるでしょう。

 

引き落としの口座には銀行口座が必要ですが、ネット銀行の口座だと受け付けてもらえない可能性もあります。ネット銀行しか持っていない場合には地方銀行等で口座を開けるか確認してみましょう。そのほうがクレジットカードの審査に通りやすいかもしれません。

 

それか、楽天カードなどネット銀行と直結しているクレジットカードを選ぶならば銀行口座を開設する手間なくすぐに申し込みができるでしょう。

 

クレジットカードの審査の際の基準

 

 

さあいよいよクレジットカードに申し込もう!と思い立つ前に、少し立ち止まってみましょう。実はクレジットカードの審査に確実に通るためには、前準備が必要なのです。

 

クレジットカードの審査に落ちて再申し込みがしづらくなってしまった、ということのないように、前もって対策をして万全の状態で審査に臨みましょう。

 

審査で見られるもの1「返済能力」

クレジットカードの審査の際には、一番に返済能力が判断されます。返済能力及び支払い能力の判断方法のひとつは個人情報です。利用者の年齢、家族構成、既婚者か独身者か、勤務先、勤続年数、年収、今後の年収の見込みなどが詳しくチェックされるでしょう。

 

ステータスの高いクレジットカードですと、年収が350万円以上の人、としているクレジットカード会社もあります。れに比べてパートやアルバイト勤務でも申し込みしやすいように、定職についていることを絶対条件とはしていないクレジットカード会社もあります。

 

さらに専業主婦でも申し込めるように、「配偶者に安定収入があればOK」としているクレジットカード会社もあります。各クレジットカード会社により、返済能力を測る基準は異なります。

 

審査で見られるもの2「信用情報」

次に重要視されるのは「信用情報」です。信用情報とは、クレジットカードやカードローンを使ってきた履歴、借入の履歴などの情報のことです。個人のクレジットカードの申し込みから使用、延滞、解約などの履歴はすべて一つの場所で管理されています。

 

「信用情報機構」という場所で、すべての人の信用情報が管理されています。信用情報機構には3つの機関があり、「全国銀行個人情報信用情報センター」と「日本信用情報機構」と「CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機構)」とがあります。

 

これらの信用情報機構のうちのどれか、または全てに、あなたの信用情報も保管されています。実は自分の信用情報は自分で請求すれば有料で確認することもできます。たとえば「CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機構)」のインターネットページに移動すると、最初のページに「自分の信用情報を開示する」というセクションがあります。
 
そのセクションの中には「パソコンで開示する」「スマートフォンで開示する」「郵送で開示する」「窓口で開示する」という4つの開示方法が選べます。ほかにも信用情報についてのQ&Aなど、便利な情報がたくさんあるのでぜひ覗いてみましょう。

 

この信用情報機構の情報には、これまでに組んだ住宅ローンなどの情報、返済の状況なども含まれます。たこれまでに消費者金融を使って行った借入、融資額、その返済にかかった時間なども詳しく載せられているのです。これらの情報を見て、いま利用者にどれほどの返済能力があるのかが計算されます。

 

過去に自己破産などの金融事故を起こしている場合も、この「信用情報」に載せられています。そのため金融事故を起こした直後の人はクレジットカードの作成が難しいと言われています。ですがこれらの事故情報などは5年経つと消去されるので、時間が経つと白紙と同じような状態に戻ると言えます。

 

信用情報が白紙の人、つまりクレジットカードを作ったことがない人は、反対に何か問題があるのではないかと疑われることもあります。問題があってクレジットカードを作ることができなかったのではないか、ほかの場所では審査が通らなかったのではないか、と疑われるわけです。

 

それを防ぐためには、審査の前にクレジットカードをもうひとつ作ってしまうという解決策もあります。つまり、もうひとつのクレジットカードの審査に通っていればクレジットカード会社は「ほかの審査に通った人」と見なすため危険視はされにくいのです。

 

スペックが高く審査に通るのが難しいと見えるクレジットカードを申し込む前には、審査の甘いクレジットカードを申し込んで対策をしておくのもひとつの手ですね。この際に気をつけるべきなのが、一時期に多くのクレジットカード会社に申し込まないほうがいいということです。

 

信用情報には、クレジットカードに申し込みをした時点でその履歴が残されます。それは六ヶ月間残されるのですが、短期間に複数のクレジットカードに申し込みをしているとほかの金融会社からの借入の返済にあてていると思われ、審査に通らない場合があるのです。

 

新しくクレジットカードを作る場合は、一定期間をあけてひとつずつ作りましょう。

 

審査が甘いクレジットカードは?

 

 

上記のような対策がいらない、審査の甘いクレジットカードなんてあるのでしょうか?

 

実は、いますぐ欲しい!絶対に審査に通るクレジットカードが欲しい!と思っている方にこそおすすめのクレジットカードがあります。そんな審査が甘くて作りやすいクレジットカードをご紹介しましょう。

 

審査が甘いクレジットカード1「楽天カード」

楽天カードの強みは、常にキャンペーンをしていて楽天ユーザーならばどんどんお得になるシステムです。審査の際には18歳以上ならば申し込み可能としているので、専業主婦やパート、アルバイトの方でも申し込むことができるでしょう。
 
海外旅行保険も最大2,000万円まで補償と充実しているので、楽天ユーザーにとっては持っていて損のないクレジットカードです。入会キャンペーンも常に実施していて、いまなら新規入会でもれなく5,000円相当分のポイントがプレゼントされます。
 
マスターカードでお買い物パンダデザインのカードが登場したので、かわいいデザインに惹かれて入会を考えている方もいることでしょう。さらに楽天ピンクカードは女子に人気のかわいいクレジットカードです。華やかなだけでなく、女性を支えるサービスが充実しています。

 

「女性特定疾病補償」「携帯品損害補償」「個人賠償責任事故補償」など、補償内容が充実しているので心配性の女性にも納得のカードとなっています。

 

また映画館証券割り引きサービスやレストラン、ホテルの割り引きサービスなどお友達と使えて嬉しいサービスもあるので、ライフスタイルがより華やかになるでしょう。楽天ビューティーでお買い物すればお得にポイントも貯まりますので、すべてのサービスにこの楽天ピンクカードが使えるのです。

 

審査が甘いクレジットカード2「ライフカード」

主婦の味方、と言われるライフカードも、審査が甘いとして有名です。配偶者に安定収入があれば申し込み可、となっているのでハードルも低いですし、それに比べてポイントの還元率がとても高いのが魅力です。
 
年会費は永年無料なのに、年間150万円以上の利用でポイントが二倍貯まるステージになるという「使えば使うほどお得」なシステムを採用しているのです。さらに五年間はポイントが有効なので使い忘れる心配もありません。
 
いまならライフカードに入会すると、入会キャンペーンとしてカード発行時・カード使用時にあわせて最大7,000円分相当のライフサンクスポイントをプレゼントします。さらに入会後には一年間ポイントが1.5倍になる特別期間があるので一気にポイントが獲得できるでしょう。

 

誕生月にはまるまるポイントが5倍になります!お得に利用することで、ポイントザクザク貯めながら普段のお買い物ができます。

 

審査が甘いクレジットカード3「イオンカード」

イオンをご利用する方ならば、イオンカードを持たない手はありません。年会費無料なのに高スペックと言える理由を見てみましょう。まずイオンカードを持っていると顧客優待デーにお得にお買い物ができます。

 

イオンには「お客様感謝デー」「お客様わくわくデー」「ときめきWポイントデー」「G・G感謝デー」などの特典日があります。「お客様感謝デー」は毎月20日、30日に開催されている優待デーです。20日、30日にお買い物するとお買い物代金が5%OFFになります。

 
「お客様わくわくデー」は毎月5日、15日、25日に開催されている優待デーです。この日にお買い物をすると、ときめきポイントは2倍になります。またWAONポイントも二倍になるのでダブルでポイントがお得に貯まるのです。
 
「ときめきWポイントデー」は毎月10日にあり、この日にお買い物の際にカードを利用するならばときめきポイントは2倍になります。さらに最近始まった「G・G感謝デー」は55歳以上の顧客を対象としたサービスデーです。毎月15日にお買い物をするならば金額から5%が引かれます。

 

この「ときめきポイント」とはイオンカードのポイント制度であり、イオングループのイオン、マックスバリュなどでお買い物したときにつくポイントです。

 

18歳以上で電話連絡の可能な方ならば申し込めるので、イオングループを用よく利用する方にはぜひ持っておくべきおすすめカードと言えます。

 

審査が甘いクレジットカード4「オリコカード」

オリコカードはクレジットカードのなかでもポイント還元率が高く、それだけでなくポイントの交換先が豊富なことで知られるクレジットカードです。

 

ほかのクレジットカードは自分の提携先でのみポイントの交換を認めていますが、オリコカードのポイント交換先は実に豊富です。「JALマイル」「ANAマイル」「アマゾンギフトカード」「iTunesギフトカード」「すかいらーくお食事券」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」などなどです。

 

これは一例ですので、これ以外にもきっとあなたの交換したいサービスと交換できるでしょう。

 

クレジットカードはサービス内容や特典、ポイントなどに加え、審査に通りやすいかどうかで選びましょう。

 

 

おすすめクレジットカードランキング

楽天カードの特徴

審査に通りやすい!それでいてお得度満点な楽天カードの魅力をご紹介しましょう。

評価 評価4.5
楽天カードの総評

楽天カードは、年会費無料、家族会員もオッケーのお得なクレジットカードです。入会資格は18歳以上で日本在住の方、となっているので、主婦の方やパート勤務の方、アルバイトの方にもお申し込みいただけるクレジットカードです。

またクレジットカード発行までの期間も短く、通常で約一週間ほどでお手元にクレジットカードが届きます。審査の際にもハードルが高すぎず、どなたでも作成ができると人気のクレジットカードです。

イオンカードの特徴

食材にも日用品にも毎日使えるイオン。イオンで買い物をすることが多いなら、イオンカードを持つことをおすすめします!

評価 評価4
イオンカードの総評

イオンカードは、年会費が無料なのに特典がたっぷりあるクレジットカードです。たとえばイオンカードを持っていると、お客様感謝デーの日には毎回5パーセントオフ価格でお買い物ができます。

お客様感謝デーとは毎月5日と20日にイオンが行っている顧客サービスデーです。レジにてすべての商品が5%OFFとなるので、いつもイオンで買い物している人にとってはとてもありがたいサービスです。しかも年会費が無料なので持っていて損はないでしょう。
 
イオンカードを持っていると、イオン銀行のATMが24時間365日利用料無料で使えます。引き出しも預け入れも無料なので、夜間や休日に今すぐ引き出したい!というときにも便利です。さらにWAONポイントを貯めることができるので、コンビニなどのお買い物にも重宝します。

オリコカードの特徴

オリコカードは長く使い続ける人の多いクレジットカードです。その魅力、使い続ける理由に迫ります。

評価 評価3.5
オリコカードの総評

オリコカードのメリットのひとつは、ポイントの還元率が高いという点です。せっかくポイントを貯めても、自社のショッピングページでのみしか使えない、という場合も多くあります。

ですがオリコカード「オリコ・ザ・ポイント」ならば様々な製品と交換することができて、なおかつ使い道も幅広いのでお得です。
 
オリコカードでは常に入会後半年間はお得にポイントを貯めることができるキャンペーンを行っています。入会後の半年間はポイントが通常時の二倍貯まるため、大きな買い物をこの時期にすればかなり効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

さらにインターネットのお買い物の際には、オリコカード会員専用のショッピングページ「オリコモール」を経由してお買い物しましょう。「オリコモール」を通して買い物することで、通常のポイントの+0.5%のポイントを得ることができます。

VIASOカードの特徴

VIASOカードは年会費無料でありながら審査にも通りやすく、スペックも高いため人気です。三菱UFJニコスが誇る安心サービスとは?

評価 評価3.5
VIASOカードの総評

VIASOカードは以前に絶大な人気を誇りながらも一次撤退し、期待に応えて再登場したクレジットカードで、すさまじい人気を誇るカードとなっています。三菱UFJニコスブランドということで信頼もおけますし、さらにインターネット料金や携帯電話の支払いに使うとお得にポイントを貯めることができるのでおすすめです。

VIASOカードは付帯サービスが充実しているゆえにも人気のクレジットカードです。特に注目すべきはETCカードです。ETCカードを付帯させると、VIASOカードでETC料金を払うたびにポイントが二倍つきます。

常にETCでの利用はポイント二倍になるため、営業で車を使う方、運搬に自分の車を使う方などはVIASOカードにETCをつけるとかなり早くポイントが貯まるでしょう。もちろんETCマイレージを貯めることもできますので、節約しながらお得にポイントを加算できます。

ライフカードの特徴

クレジットカードの審査に落ちそうで怖い。そんなときは専業主婦でも作れるクレジットカード「ライフカード」をおすすめします!主婦から愛されるその魅力とは?

評価 評価3
ライフカードの総評

ライフカードは審査に通りやすい、誰にでも挑戦できるクレジットカードとして人気です。審査に通りやすいというだけではなく、ポイントが貯まりやすいという点でもライフカードは人気です。ポイントを貯めるためのキャンペーン、誕生月などを利用すればかなり短期間でポイントを貯めて交換することが可能です。

ライフカードは誕生月にはポイントが5倍になります。例えばポイントをギフト券に交換しようとすると、600ポイントほど必要になります。600ポイントは3000円分の楽天ポイントなどに交換できます。

その600ポイントを貯めるのは大変そうに思えますが、実は誕生月を利用すればすぐに貯まってしまいます。誕生月でポイントが5倍になるタイミングで120,000円分のお買い物をすると120ポイントのライフポイントが貯まります。
 
120ポイントのライフポイントは、5倍で600ポイントになるのです。お誕生月を計算して家電などの大きな買い物をライフカードを使って購入するならば、すぐにポイントが貯まってギフト券やマイルと交換できます。それを旅行やプレゼントに使うこともできるので、かなりお得度が高まるでしょう。

更新履歴