信用情報を意識してクレジットカードを使おう

MENU

クレジットカードの利用履歴は記録されてる

 

 

公共料金の支払いなど、クレジットカードはあらゆるシーンで便利です。ですが今のクレジットカードの使い方があなたの信用情報に影響することはご存知でしたか?

 

信用情報を意識してクレジットカードを使おう

私達のクレジットカードの履歴は、すべて信用情報として管理されています。

 

それを管理しているのは「信用情報機関」と呼ばれる機関です。

 

ここでは個人のクレジットカードの利用履歴、延滞の記録、さらにローンの借入状況なども管理します。返済に延滞があった場合、また金融系の事故を起こした場合などはこの信用情報に傷がつくこととなるでしょう。

 

またクレジットカードやカードローンに申し込んだだけでもこの信用情報に記録されます。ですがこの信用情報は5年で一新されるので、金融系の事故を起こした方でも5年間経っていればまたその新たな審査をしてもらえると言えるでしょう。クレジットカードの審査の際には、この信用情報が審査されます。

 

いまのあなたのクレジットカードの使い方も、将来の審査に影響するかもしれないのです。

 

要注意なクレジットカードの使い方

 

 

クレジットカードの支払いに延滞があると、やはり審査に影響があります。

 

3カ月以上延滞があるとほぼ確実に信用情報に事故情報が記載されてしまいますので、気をつけましょう。

 

また複数のクレジットカードに一度に申し込みをすると、不審な動きとして記載される場合もあります。申し込みをするのは一社ずつにしましょう。自分の現在の信用情報を知るにはどうすればよいのでしょうか?

 

一般人でも信用情報を確認することは可能なのでしょうか?

 

信用情報の確認のしかた

信用情報は「CIC」「KSC」「JICC」という3つの機関により管理されています。これらのいずれかの機関に依頼することで、郵送にて自分の信用情報を確認することができます。

 

どこの機関に登録されているかわからないという場合は、まずは「CIC」に問い合わせてみましょう。また消費者金融を利用したことのある方であれば「JICC」に問い合わせてみましょう。自分の信用情報を確認することで、さらにスペックの高いクレジットカードに挑戦するか、またもう少しクレジットヒストリーを貯めるかなどの判断ができますのでぜひ活用しましょう。

 

信用情報を上げるためには、ショッピング系のクレジットカードを作ってみるのもおすすめです。審査にとおりやすいカードを持つことで、信用情報も上がるので、ぜひお試しください。

関連ページ

クレジットカードの審査の受け方
クレジットカードの審査はどのように行われるのでしょうか?クレジットカードの審査の基準は、主に個人情報と信用情報により、そして希望の限度額などに応じて行われます。まず個人情報を見る際には、当然ながら個人の収入、お金を返済する力があるかどうかが確認されます。
ショッピング系のクレジットカードは審査が甘い
最近はショッピングの際に貯められるポイントのためにクレジットカードを持つ人も増えているようです。よく使うお店があるならば、そのお店でポイントを貯めればお得に還元されて買い物や年会費の支払いもできるのです。
デパート系のクレジットカードも使いやすい
クレジットカードを作る際に、よく使うお店のクレジットカードを作ってポイントを貯めたい!と思うのは当然です。最近はコンビニやスーパーなどでもクレジットカードを発行していて、使えば使うほどお得になるカードがたくさんあります。
審査が厳しいクレジットカード
クレジットカードの審査に落ちてしまったという話をよく聞きますが、果たして何が原因で落とされてしまうのでしょうか?大きな要因となるのは「返済能力」「借入履歴」「資産情報」の3つです。
日常的にできるクレジットカードの審査対策
クレジットカードの審査に落ちてしまったという方の話を聞くと、ステータスカードへの申し込みを望んでいる場合が多いです。ステータスカードとは、一般のクレジットカードよりもスペックが高く、あらゆるシーンでラグジュアリーなサービスを受けることのできるクレジットカードです。