日常的にできるクレジットカードの審査対策

MENU

クレジットカードの審査に落ちないために

 

 

クレジットカードの審査に通りたい!そんな方には、今から日常的にできる審査対策をおすすめします!

 

日常的にできるクレジットカードの審査対策

クレジットカードの審査に落ちてしまったという方の話を聞くと、ステータスカードへの申し込みを望んでいる場合が多いです。

 

ステータスカードとは、一般のクレジットカードよりもスペックが高く、あらゆるシーンでラグジュアリーなサービスを受けることのできるクレジットカードです。

 

ゴールドカード、プラチナカードなどの優遇措置はかなり高く、レストランやラウンジ、空港などでスペシャルなサービスを受けることができるのです。スペックが高いステータスカードは、当然審査の基準も高くなります。

 

そのため審査に落ちてしまう確率も高いのです。そんなステータスカードを臨む方は、いまから審査の対策を始めましょう。

 

クレヒスを貯めよう

ステータスカードの申し込みの前に、「クレヒス」を貯める必要があります。

 

「クレヒス」とは、クレジットヒストリーの略です。クレジットヒストリーとは、個人のクレジットカードの利用暦、これまでの延滞の記録などです。クレジットカードの利用にあたり、クレジットカードの利用額が上がればあがるほどクレジットヒストリーは貯まっていくと言えます。

 

利用額を上げることで、クレジットカードのヒストリーのスコアも上がり、「常にクレジットカードを利用する人」と認識されることが審査の際に大切なのです。

 

最近はコンビニでも自動販売機でも、またレストランやエキナカでもクレジットカードが使えますので、それらの支払いをすべてクレジットカードにするならば、どんどんクレヒスが貯まると言えますね。

 

 

 

 

審査に通りやすいクレジットカードを作る

もうひとつの方法は、審査に通りやすいクレジットカードを作っておいて、それを安全に使用して信用情報を上げるという方法です。

 

クレジットカードの審査の際には信用情報も見られます。信用情報には、これまでのクレジットカードの利用履歴が記録されています。これまでクレジットカード利用履歴がない人は、反対に怪しまれてしまいクレジットカード審査に通らない可能性もあります。

 

それを避けるために、別のクレジットカードを所有しているならば、しっかり利用して支払いで来ていることを証明できれば、怪しまれることなく審査を通過できるでしょう。おすすめは楽天カードです、楽天カードならばインターネットのお申し込みで即審査、主婦やアルバイトの方でもカードの申し込みが可能です。

 

日常的にできる対策を行って、クレジットカードの審査に確実に通るようにしましょう。

 

関連ページ

クレジットカードの審査の受け方
クレジットカードの審査はどのように行われるのでしょうか?クレジットカードの審査の基準は、主に個人情報と信用情報により、そして希望の限度額などに応じて行われます。まず個人情報を見る際には、当然ながら個人の収入、お金を返済する力があるかどうかが確認されます。
ショッピング系のクレジットカードは審査が甘い
最近はショッピングの際に貯められるポイントのためにクレジットカードを持つ人も増えているようです。よく使うお店があるならば、そのお店でポイントを貯めればお得に還元されて買い物や年会費の支払いもできるのです。
デパート系のクレジットカードも使いやすい
クレジットカードを作る際に、よく使うお店のクレジットカードを作ってポイントを貯めたい!と思うのは当然です。最近はコンビニやスーパーなどでもクレジットカードを発行していて、使えば使うほどお得になるカードがたくさんあります。
審査が厳しいクレジットカード
クレジットカードの審査に落ちてしまったという話をよく聞きますが、果たして何が原因で落とされてしまうのでしょうか?大きな要因となるのは「返済能力」「借入履歴」「資産情報」の3つです。
信用情報を意識してクレジットカードを使おう
私達のクレジットカードの履歴は、すべて信用情報として管理されています。それを管理しているのは「信用情報機関」と呼ばれる機関です。ここでは個人のクレジットカードの利用履歴、延滞の記録、さらにローンの借入状況なども管理します。