クレジットカードの審査の受け方

MENU

クレジットカードの審査に落ちちゃった・・どうすればいい?

 

 

クレジットカードの審査に落ちて、お金を借りられない・・そんなときはどうすればよいでしょうか?そんな時は審査基準の甘いカードに申し込みをしましょう。

 

クレジットカードの審査の受け方

クレジットカードの審査はどのように行われるのでしょうか?クレジットカードの審査の基準は、主に個人情報と信用情報により、そして希望の限度額などに応じて行われます。まず個人情報を見る際には、当然ながら個人の収入、お金を返済する力があるかどうかが確認されます。

 

ポイントは、継続的で安定した収入があると判断してもらえるかどうかです。クレジットカード会社側では、返済能力があるかどうかを見るために収入証明書や勤務先の情報を請求します。

 

また申込書には個人情報として年齢、職業、勤務先、勤務先の雇用形態、勤務年数、年収などの記入が必要です。

 

これらの個人情報をもとに、今後のあなたの返済能力が判断されます。さらにこれらの個人情報に加えて、信用情報も加味されて審査が行われます。信用情報とは、これまで消費者金融に借入を行っているかどうか、行っているならばその借入額、借入の返済が滞っているかどうかなどの情報です。

 

これらの信用情報は特定の期間で管理されていて、その情報は融資を行う前には必ず確認することとなっています。借入の返済が滞っている場合、借入の額があまりにも高額な場合には要注意とみなされてしまうかもしれません。

 

信用情報には、これまでのクレジットカードの利用履歴も残っています。そのためクレジットカード会社は必ずこの信用情報を確認して、申請者の支払いの遅延情報などを調べます。クレジットカードの支払いが滞りがちだったりすると、審査にも通りにくくなるでしょう。

 

これらの情報に加えて資産情報も関係します。資産情報とは、個人の所有する土地、住宅を含む不動産などの資産です。現在居住している住居の居住形態、また住んでいる年数などが問われる場合もあるでしょう。

 

不動産を使用している場合は審査に通りやすくなるかもしれません。

 

審査の甘いクレジットカードは?

 

 

クレジットカードの審査に落ちてしまった!そんな人にもおすすめなのは楽天カードがおすすめです。楽天カードならばアルバイトやパートタイマーでも審査に通りやすく、クレジットカードサービスへの加入数が急増しています。ほかの審査に落ちてしまった場合はぜひご検討ください。

関連ページ

ショッピング系のクレジットカードは審査が甘い
最近はショッピングの際に貯められるポイントのためにクレジットカードを持つ人も増えているようです。よく使うお店があるならば、そのお店でポイントを貯めればお得に還元されて買い物や年会費の支払いもできるのです。
デパート系のクレジットカードも使いやすい
クレジットカードを作る際に、よく使うお店のクレジットカードを作ってポイントを貯めたい!と思うのは当然です。最近はコンビニやスーパーなどでもクレジットカードを発行していて、使えば使うほどお得になるカードがたくさんあります。
審査が厳しいクレジットカード
クレジットカードの審査に落ちてしまったという話をよく聞きますが、果たして何が原因で落とされてしまうのでしょうか?大きな要因となるのは「返済能力」「借入履歴」「資産情報」の3つです。
日常的にできるクレジットカードの審査対策
クレジットカードの審査に落ちてしまったという方の話を聞くと、ステータスカードへの申し込みを望んでいる場合が多いです。ステータスカードとは、一般のクレジットカードよりもスペックが高く、あらゆるシーンでラグジュアリーなサービスを受けることのできるクレジットカードです。
信用情報を意識してクレジットカードを使おう
私達のクレジットカードの履歴は、すべて信用情報として管理されています。それを管理しているのは「信用情報機関」と呼ばれる機関です。ここでは個人のクレジットカードの利用履歴、延滞の記録、さらにローンの借入状況なども管理します。