審査が厳しいクレジットカード

MENU

クレジットカードを確実に作るなら?

 

 

クレジットカードは会社により、また借入額により審査の基準が異なります。クレジットカードの審査に通るためにはどうすればよいでしょうか?

 

 

審査の基準は?

クレジットカードの審査に落ちてしまったという話をよく聞きますが、果たして何が原因で落とされてしまうのでしょうか?大きな要因となるのは「返済能力」「借入履歴」「資産情報」の3つです。

 

まず「返済能力」を判断するためには、申込者の年齢、職業、勤続年数、業務内容や年収などの情報が見られます。

 

「借入履歴」はこれまでのクレジットカードの利用履歴、借入の状況などの情報であり、これらは信用情報機関にて管理されています。クレジットカード会社は申し込みがあった時点で信用情報機関にて信用情報を取得し、それを調べます。

 

過去に金融系のトラブルがあった場合、またクレジットカードの利用金額の返済が滞っていた場合などは審査に影響します。「資産情報」は個人の持っている不動産などの資産によって判断されます。

 

資産が多いと、それだけ収入の信頼の証になるので審査に有利に働くでしょう。

 

審査が厳しいクレジットカードは?

 

 

一般的にステータスが高く、優遇措置も良いものは審査の基準が高いものとなっています。たとえば「ダイナースプレミアムカード」などは招待状がきた人のみ申し込める特別なカードとなっています。

 

また「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」などもステータス度が高くて憧れのクレジットカードですが、まず年会費が高いという壁があります。年会費は初年度無料、次年度からは29,000円となります。年収が高くないと審査に通らないと言われていますが、安定収入があれば意外と一般的な年収でも審査に通ったという声も聞きます。

 

また、銀行系のクレジットカードも、審査が少し厳しくなるようです。その銀行に口座を持っているだけでなく、きちんと安定収入があることを示せるならば審査に通るでしょう。

 

審査に通りやすいクレジットカードは?

確実に審査に通りたいならば「VIASOカード」がおすすめです。「VIASOカード」なら年会費無料で、18歳以上の方ならばお申し込みが可能です。

 

ポイント還元率に優れていて、ネットショッピングで最大ポイント10倍、ETCの利用で最大ポイント2倍になるシステムがあります。

 

その他携帯電話やスマートフォンの利用料金、インターネットの利用料金の支払いをVIASOカードで行うならばその料金もポイント2倍でつきます!

 

便利で審査に通りやすいクレジットカードで、お買い物をもっと便利にしましょう!!

関連ページ

クレジットカードの審査の受け方
クレジットカードの審査はどのように行われるのでしょうか?クレジットカードの審査の基準は、主に個人情報と信用情報により、そして希望の限度額などに応じて行われます。まず個人情報を見る際には、当然ながら個人の収入、お金を返済する力があるかどうかが確認されます。
ショッピング系のクレジットカードは審査が甘い
最近はショッピングの際に貯められるポイントのためにクレジットカードを持つ人も増えているようです。よく使うお店があるならば、そのお店でポイントを貯めればお得に還元されて買い物や年会費の支払いもできるのです。
デパート系のクレジットカードも使いやすい
クレジットカードを作る際に、よく使うお店のクレジットカードを作ってポイントを貯めたい!と思うのは当然です。最近はコンビニやスーパーなどでもクレジットカードを発行していて、使えば使うほどお得になるカードがたくさんあります。
日常的にできるクレジットカードの審査対策
クレジットカードの審査に落ちてしまったという方の話を聞くと、ステータスカードへの申し込みを望んでいる場合が多いです。ステータスカードとは、一般のクレジットカードよりもスペックが高く、あらゆるシーンでラグジュアリーなサービスを受けることのできるクレジットカードです。
信用情報を意識してクレジットカードを使おう
私達のクレジットカードの履歴は、すべて信用情報として管理されています。それを管理しているのは「信用情報機関」と呼ばれる機関です。ここでは個人のクレジットカードの利用履歴、延滞の記録、さらにローンの借入状況なども管理します。