クレジットカードの年会費相場

MENU

クレジットカードの年会費ってどれくらい?

 

 

クレジットカードのなかには年会費のかかるものもあります。クレジットカードの年会費の相場、平均はどれくらいなのでしょうか?

 

クレジットカードの年会費めやす

クレジットカードの年会費は、クレジットカード会社やそのクレジットカードのスペックによって異なります。一般的なクレジットカードであれば1000円から2000円程度が相場と言えるでしょう。

 

それに比べて、ゴールドカードやプラチナカードであれば年会費も上がり10,000円から30,000円となります。ですが、クレジットカードによっては利用金額により年会費が無料になる場合もあります。

 

年会費無料クレジットカードとの違い

 

 

年会費無料のクレジットカードと、年会費のあるクレジットカードとでは何が違うのでしょうか?それはクレジットカードの付帯する保険、またはお買い物の際の優遇措置などに違いがあると言えます。

 

例えばゴールドカードやプラチナカードには海外旅行保険の補償額も5,000万円程度、さらに現地での送り迎えやラウンジでの高級サービスなどがついています。

 

ショッピング保険や他の保険内容も充実していて、スペシャル感を味わえるクレジットカードになっています。

 

一般的なクレジットカードにも海外旅行保険や国内旅行保険がついていますが、その額に違いがあります。

 

保険額は旅行保険が2,000万円程度、ショッピング保険が100万円程度のものが多いでしょう。そして年会費無料のクレジットカードになると、この補償がさらに削られてしまうことがあります。保険の補償額が少なくなるだけではなく、お買い物の際の優遇もなくなってしまいます。

 

ですが、どちらのカードが良いかは個人の使い方によって変わるでしょう。よく海外に行くので絶対ラウンジサービスを利用したい!という人もいれば、海外旅行よりもふだんのお買い物に利用したいという方もいるでしょう。

 

節約やポイント集めのためにクレジットカードを持ちたいという方にとっては、年会費のないクレジットカードのほうがお得感があるでしょう。クレジットカードはその人の使い方により、どれがお得か変わるものです。年会費だけを見るのではなく、どんなサービスを利用したいか、年会費を払う価値があるのかなどを吟味しましょう。

 

あなたの使い方にあわせたクレジットカードを持って、より便利に生活しましょう。

関連ページ

クレジットカードのトラブル事例と対策
クレジットカードを利用する際に、まず心配すべきなのはカード番号が漏れてしまうことです。またクレジットカードからカードの利用明細、セキュリティコード、個人名などが漏れてしまうと、それを悪用される恐れもあります。
クレジットカードの支払い方法と安全な使い方
クレジットカードはすぐに支払いができ、利便性が高いゆえに最近はインターネットのお買い物からコンビニでのお買い物にいたるまですべてクレジットカードで済ませている方もいるでしょう。
クレジットカードの審査前に気を付けること
クレジットカードの審査の際には、個人情報、信用情報が審査されます。この審査内容に不安点があると、審査に落ちてしまう可能性もあるのでできれば万全の状態で臨みたいものです。まず個人情報とは氏名、生年月日、居住地のほかに勤務先や勤続年数、勤務内容などを記す必要があります。
信用情報がクレジットカードの審査に影響する
クレジットカードの作成の際には、自分で入力する個人情報以外に信用情報も審査されます。個人情報とは、個人の氏名や住所だけでなく勤務先や勤続年数、さらに年収や資産などを含む情報です。
審査が甘いクレジットカードの注意点
クレジットカードを作るときに、何でもいいから審査の通りやすいものを選ぼうと考えてしまいがちです。特にほかのクレジットカード会社で審査に落ちているならば審査の緩いものを探すようになるでしょう。
大手のクレジットカードの危険性
大手のクレジットカードだから大丈夫、と思ってセキュリティや支払い金利手数料を甘く判断してしまっている方がいます。ですが大手のクレジットカード会社だからといって安心してはいけません。