クレジットカードの審査前に気を付けること

MENU

クレジットカード審査のための対策

 

 

クレジットカードの審査を受ける前に、審査に落ちないように注意するために対策をとっておきましょう。

 

クレジットカードの審査前に気を付けること

クレジットカードの審査の際には、個人情報、信用情報が審査されます。この審査内容に不安点があると、審査に落ちてしまう可能性もあるのでできれば万全の状態で臨みたいものです。

 

まず個人情報とは氏名、生年月日、居住地のほかに勤務先や勤続年数、勤務内容などを記す必要があります。

 

これらは変えることのできない情報なので、対策のできる範疇ではありません。問題は信用情報、また資産内容などの情報です。

 

もし不動産などの資産を有しているのであれば、審査に有利に働くことがあります。信用情報とは、その人のクレジットカードの使用状況、消費者金融などからの借入の履歴、それらの延滞状況などです。以前に消費者金融などからの借入がないほうがクレジットカードの審査に通りやすいと思うかもしれません。

 

ですが実際にはその反対です。クレジットカードの利用がない方、借入の履歴がない方はこれまでにクレジットカード会社等からの信用を得ていないと言う判断を受けます。そのために白紙の状態から審査されるので、クレジットカードの履歴がある人よりも審査が厳しくなる恐れがあるのです。

 

また、過去に支払いを延滞したり、債務整理などの事故を起こしたことのある方も当然審査に通りにくくなります。

 

こうした事故や延滞の記録は5年たったら消去されますが、履歴が5年たって消去された後には白紙状態に戻るため、やはり審査もまたハードルが上がってしまうのです。

 

クレジットカードの審査に通るための対策

 

 

もし使いたいクレジットカードがあり、その審査に落ちるのが不安であれば、そのクレジットカードよりも審査の甘い別のクレジットカードを契約してカードの使用履歴を残すことをおすすめします。

 

ほかのクレジットカードを使ってその履歴を残すことで、次に申し込みをした際にはカード会社はその履歴を見て判断するようになります。

 

そのためまったくの白紙の状態からよりも審査が甘くなる可能性が高いのです。

 

履歴を残すことが大切

過去に事故を起こしたことがある方も、反対にまったくの白紙状態の方も、確実に審査に通りたいのであれば審査の甘いクレジットカードで履歴を積み重ねる事が大切です。

 

まずはそれらのクレジットカードの安全な利用をしている履歴を作ってから、希望のクレジットカードの審査に挑戦しましょう。

関連ページ

クレジットカードのトラブル事例と対策
クレジットカードを利用する際に、まず心配すべきなのはカード番号が漏れてしまうことです。またクレジットカードからカードの利用明細、セキュリティコード、個人名などが漏れてしまうと、それを悪用される恐れもあります。
クレジットカードの支払い方法と安全な使い方
クレジットカードはすぐに支払いができ、利便性が高いゆえに最近はインターネットのお買い物からコンビニでのお買い物にいたるまですべてクレジットカードで済ませている方もいるでしょう。
信用情報がクレジットカードの審査に影響する
クレジットカードの作成の際には、自分で入力する個人情報以外に信用情報も審査されます。個人情報とは、個人の氏名や住所だけでなく勤務先や勤続年数、さらに年収や資産などを含む情報です。
審査が甘いクレジットカードの注意点
クレジットカードを作るときに、何でもいいから審査の通りやすいものを選ぼうと考えてしまいがちです。特にほかのクレジットカード会社で審査に落ちているならば審査の緩いものを探すようになるでしょう。
クレジットカードの年会費相場
クレジットカードの年会費は、クレジットカード会社やそのクレジットカードのスペックによって異なります。一般的なクレジットカードであれば 1000円から2000円程度が相場と言えるでしょう。
大手のクレジットカードの危険性
大手のクレジットカードだから大丈夫、と思ってセキュリティや支払い金利手数料を甘く判断してしまっている方がいます。ですが大手のクレジットカード会社だからといって安心してはいけません。