信用情報がクレジットカードの審査に影響する

MENU

クレジットカードの審査と信用情報の関係

 

 

クレジットカードの審査の際には、収入などのほかに信用情報が影響します。確実にクレジットカードの審査に通る方法とは?

 

信用情報がクレジットカードの審査に影響する

クレジットカードの作成の際には、自分で入力する個人情報以外に信用情報も審査されます。

 

個人情報とは、個人の氏名や住所だけでなく勤務先や勤続年数、さらに年収や資産などを含む情報です。

 

これらを見てカード会社側は利用者に返済能力があるかどうかを確認します。またその個人情報に加えて、信用情報もクレジットカードの審査に影響します。

 

信用情報とはどのように判断されるのでしょうか?信用情報とは、個人のクレジットカードの利用履歴・消費者金融からの借入の履歴・返済にあたっての延滞記録・金融系の事故の記録などです。

 

これらの記録は信用情報機関により記録されています。

 

 

信用情報機関とは?

 

 

信用情報機関とは、個人の信用情報を記録するための機関です。信用情報の管理、そしてその情報の開示をクレジットカード会社や金融会社に行っています。

 

いま日本には3つの信用情報機関が存在しています。「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」の3つです。

 

この3つのいずれかの機関にクレジットカード会社や金融会社は契約していて、クレジットカードの申し込みや借入の申し込みがある際には信用情報機関より利用者の信用情報を調べることとなっています。

 

クレジットカード会社が加盟しているのは、一般的に「CIC」か「全国銀行個人信用情報センター」でしょう。以前に金融事故を起こしていると、クレジットカードの審査に影響する場合があります。金融事故とは延滞、強制契約、債務整理などを指します。

 

ですがこれらの事故情報も、解約してから5年経つとすべて相殺されます。つまり金融事故を起こした方は、確実にクレジットカードの審査に通りたいならば5年待ったほうが良いということです。さらに、どの程度の延滞で信用情報機関に「延滞」の情報が記載されるかはクレジットカード会社によって異なります。

 

返済が3カ月滞った時点で「延滞」とすることもあれば、同じ業者で2回以降延滞した場合には「延滞」となる場合もあるようです。

 

審査に通るためには?

以前に事故を起こしたので審査に通りにくい、そんな時には一度ショッピング系のクレジットカードを作って実績を新たに築きましょう。

 

または審査に通りやすいカードを選びましょう。おすすめはオリコカードです。審査に通りやすく優遇の多いオリコカードで、一度実績を築きなおしましょう。

 

関連ページ

クレジットカードのトラブル事例と対策
クレジットカードを利用する際に、まず心配すべきなのはカード番号が漏れてしまうことです。またクレジットカードからカードの利用明細、セキュリティコード、個人名などが漏れてしまうと、それを悪用される恐れもあります。
クレジットカードの支払い方法と安全な使い方
クレジットカードはすぐに支払いができ、利便性が高いゆえに最近はインターネットのお買い物からコンビニでのお買い物にいたるまですべてクレジットカードで済ませている方もいるでしょう。
クレジットカードの審査前に気を付けること
クレジットカードの審査の際には、個人情報、信用情報が審査されます。この審査内容に不安点があると、審査に落ちてしまう可能性もあるのでできれば万全の状態で臨みたいものです。まず個人情報とは氏名、生年月日、居住地のほかに勤務先や勤続年数、勤務内容などを記す必要があります。
審査が甘いクレジットカードの注意点
クレジットカードを作るときに、何でもいいから審査の通りやすいものを選ぼうと考えてしまいがちです。特にほかのクレジットカード会社で審査に落ちているならば審査の緩いものを探すようになるでしょう。
クレジットカードの年会費相場
クレジットカードの年会費は、クレジットカード会社やそのクレジットカードのスペックによって異なります。一般的なクレジットカードであれば 1000円から2000円程度が相場と言えるでしょう。
大手のクレジットカードの危険性
大手のクレジットカードだから大丈夫、と思ってセキュリティや支払い金利手数料を甘く判断してしまっている方がいます。ですが大手のクレジットカード会社だからといって安心してはいけません。