クレジットカードの支払い方法と安全な使い方

MENU

クレジットカードの支払いは?

 

 

インターネットの買い物の際に、支払い方法としてクレジットカード払いも選ぶことができます。でも果たして安全な使い方は?

 

クレジットカードの支払い方法と安全な使い方

最近はインターネットのお買い物の支払い方法はほぼクレジットカードになっている方も多いかもしれません。ですが果たして安全なのでしょうか?クレジットカードはすぐに支払いができ、利便性が高いゆえに最近はインターネットのお買い物からコンビニでのお買い物にいたるまですべてクレジットカードで済ませている方もいるでしょう。

 

ですが、クレジットカードの使用には注意も必要です。注意するべきなのは、クレジットカードの番号が漏れることや個人情報、決算情報などが漏れてしまいそれが第三者に悪用されてしまうことです。

 

クレジットカードには個人のカード番号、名義、セキュリティコードなどの個人情報が入っており、それが悪用されると個人が経済的被害を被ることがあり得ます。

 

クレジットカードの使用時にスキミングをされたり、フィッシング詐欺にあったりすることで、クレジットカードの情報が漏れてしまうことがあります。カードの表面に署名をしておけば他人に使用された場合には保障が適用され、不正使用された分は請求されずに済みます。

 

ですが、クレジットカード表面に署名がないと保障の対象外となってしまう場合があるので、クレジットカードには必ず署名をしておきましょう。

 

 

 

インターネットショッピングでの使用

 

 

インターネットショッピングの際には、基本的にはSSL方式で個人の情報は守られています。SSL方式とはインターネット上で入力された個人情報を暗号化し、第三者から守るシステムです。SSL方式のインターネットページであればサイトの運営者情報やサーバ証明書情報を獲得することができるので、クレジットカード情報を打ち込む前にこれらを確認しましょう。

 

基本的には、クレジットカード会社は個人のショッピングのデータを管理し、利用者の行動とあまりにもかけ離れた場所や用途でクレジットカードが使われた場合には一時的にクレジットカードの利用をストップする取り決めも行っています。

 

そのため、急に海外での利用があったり、居住地からかけ離れた場所での利用があった場合には不正利用を疑って一旦クレジットカードがストップされることもあります。これらの制度、調査によりクレジットカードの情報は守られています。

 

ですが、すべての不正利用に保障が適用されるわけではないので、クレジットカードの利用の際にはサイトやその購入ページを信用できるかどうか十分に確認しましょう。

関連ページ

クレジットカードのトラブル事例と対策
クレジットカードを利用する際に、まず心配すべきなのはカード番号が漏れてしまうことです。またクレジットカードからカードの利用明細、セキュリティコード、個人名などが漏れてしまうと、それを悪用される恐れもあります。
クレジットカードの審査前に気を付けること
クレジットカードの審査の際には、個人情報、信用情報が審査されます。この審査内容に不安点があると、審査に落ちてしまう可能性もあるのでできれば万全の状態で臨みたいものです。まず個人情報とは氏名、生年月日、居住地のほかに勤務先や勤続年数、勤務内容などを記す必要があります。
信用情報がクレジットカードの審査に影響する
クレジットカードの作成の際には、自分で入力する個人情報以外に信用情報も審査されます。個人情報とは、個人の氏名や住所だけでなく勤務先や勤続年数、さらに年収や資産などを含む情報です。
審査が甘いクレジットカードの注意点
クレジットカードを作るときに、何でもいいから審査の通りやすいものを選ぼうと考えてしまいがちです。特にほかのクレジットカード会社で審査に落ちているならば審査の緩いものを探すようになるでしょう。
クレジットカードの年会費相場
クレジットカードの年会費は、クレジットカード会社やそのクレジットカードのスペックによって異なります。一般的なクレジットカードであれば 1000円から2000円程度が相場と言えるでしょう。
大手のクレジットカードの危険性
大手のクレジットカードだから大丈夫、と思ってセキュリティや支払い金利手数料を甘く判断してしまっている方がいます。ですが大手のクレジットカード会社だからといって安心してはいけません。