クレジットカードのトラブル事例と対策

MENU

クレジットカードって何だか怖い・・・。

 

 

クレジットカードの利用の際にきをつけることは?トラブル事例を見てその対策、対処法を学びましょう。

 

クレジットカードの怖さ

クレジットカードを利用する際に、まず心配すべきなのはカード番号が漏れてしまうことです。またクレジットカードからカードの利用明細、セキュリティコード、個人名などが漏れてしまうと、それを悪用される恐れもあります。

 

スキミングやインターネットを通しての個人情報漏出など、様々なトラブルがありますがその一例を見て対策を学びましょう。

 

クレジットカードのトラブル事例と対策

スキミング

クレジットカード利用の際に、クレジットカードを特殊な機械に通すことでクレジットカードの情報を読み取ることをスキミングと言います。スキミングはお店でショッピングをする際に起こることが多く、特に海外のお店でスキミングされるケースが多いです。

 

海外ではレジの職員がスキミングの機械を持っている場合が多く、その素早さゆえに気づかないことが多くあります。

 

対策としては、海外旅行中のショッピングでクレジットカードを使う際には店員さんの手元が見える位置で確認しましょう。レジが遠くクレジットカードの操作が見えないところ、信用の置けない場所では買い物しないほうが良いかもしれません。

 

海外での利用でスキミングされた場合であっても、利用明細をとっておいて清算すれば保障されることがあります。常に利用明細を確認するクセをつけておきましょう。

 

フィッシング詐欺

偽のメールやインターネットページでクレジットカード番号を打ち込ませて、そこから個人情報を抜き取る方法をフィッシング詐欺と呼びます。

 

よくありがちなのは「高額商品があたるキャンペーン中なので連絡してください」「プレゼントが当たりました」という偽メールです。

 

身に覚えがなくても、期限が迫っていたり高額な商品だとついつい個人情報を入力してしまうものです。フィッシング詐欺を避けるためには、まずそのメールの配信元やページの信頼性を確かめるようにしましょう。

 

クレジットカードの情報を打ち込む前にはしっかりと確認する必要があります。

 

 

 

 

安全なクレジットカード使用のために

クレジットカードを安全に使うためには、ありがちなトラブルとその対策について知っておく必要があります。クレジットカード使用前にしっかり確認し、安全にクレジットカードを活用しましょう。

関連ページ

クレジットカードの支払い方法と安全な使い方
クレジットカードはすぐに支払いができ、利便性が高いゆえに最近はインターネットのお買い物からコンビニでのお買い物にいたるまですべてクレジットカードで済ませている方もいるでしょう。
クレジットカードの審査前に気を付けること
クレジットカードの審査の際には、個人情報、信用情報が審査されます。この審査内容に不安点があると、審査に落ちてしまう可能性もあるのでできれば万全の状態で臨みたいものです。まず個人情報とは氏名、生年月日、居住地のほかに勤務先や勤続年数、勤務内容などを記す必要があります。
信用情報がクレジットカードの審査に影響する
クレジットカードの作成の際には、自分で入力する個人情報以外に信用情報も審査されます。個人情報とは、個人の氏名や住所だけでなく勤務先や勤続年数、さらに年収や資産などを含む情報です。
審査が甘いクレジットカードの注意点
クレジットカードを作るときに、何でもいいから審査の通りやすいものを選ぼうと考えてしまいがちです。特にほかのクレジットカード会社で審査に落ちているならば審査の緩いものを探すようになるでしょう。
クレジットカードの年会費相場
クレジットカードの年会費は、クレジットカード会社やそのクレジットカードのスペックによって異なります。一般的なクレジットカードであれば 1000円から2000円程度が相場と言えるでしょう。
大手のクレジットカードの危険性
大手のクレジットカードだから大丈夫、と思ってセキュリティや支払い金利手数料を甘く判断してしまっている方がいます。ですが大手のクレジットカード会社だからといって安心してはいけません。